MENU

悪用厳禁!未経験からエンジニア転職を目指す5ステップを徹底解説【実体験】

未経験でもエンジニアになりたい…
エンジニアになれば在宅でも働けそうだし、手に職って感じで今後も職に困らないしなぁ。
でも実際は未経験じゃ無理だよな…

こんな疑問をお持ちのあなたに、今回は未経験からでもエンジニア転職が成功する方法をご紹介したいと思います。
未経験からのエンジニア転職は確かに難しいのですが、1つずつステップを踏んでいくことで着実にエンジニア職に就くことは可能です。

実際に僕は完全に未経験からIT業界に飛び込んで、今では本業でエンジニア兼プロジェクトマネージャーの仕事をしています。

本記事はこんなお悩みを解決します。
  • 未経験からでもエンジニア転職は可能?
  • 未経験からエンジニア転職ってどうやってするの?
  • 転職前に勉強した方がいいの?
目次

エンジニアとは?

まずエンジニアとは何か。
IT業界のエンジニアには色々種類があります。
ここを理解しておかないと転職の際の会社選びを間違えてしまうので、しっかり覚えておきましょう。

エンジニアと言えば、私服(パーカー)でヘッドフォンかけてお菓子食べながらコードを書いたりするエンジニアを想像しているかもしれません。こういう類いのエンジニアはフロントエンジニア、バックエンドエンジニアと言われるエンジニアです。

それ以外にもインフラエンジニアやアプリエンジニア、システムエンジニア、Webエンジニアなどたくさんあります。
ただ、ここ最近のITベンチャー企業ではフロントエンジニアやバックエンドエンジニア、アプリエンジニアが主流なので、この3つだけ抑えておけば大丈夫です。

未経験でもエンジニアになれるのか?

本題ですが、未経験からでもエンジニア転職を目指すことは全然可能です。

実際に僕は未経験でアパレル企業からIT企業にエンジニアとして転職しました。
ですので今回は僕が実際に転職する際にやってきた実体験をご紹介したいと思います。

失敗しない!未経験からエンジニア転職の5ステップ

せっかくエンジニア転職するなら失敗は避けたいですよね。

でも、以下のステップに従って行動すればエンジニア転職を可能とします。

【ステップ1】知識オタクになる

まずエンジニア転職に必要なことは知識です。

どんな知識オタクになればいいかというと『プログラミング言語』と『ツール』に関する知識です。なぜこの2つなのかと言うと、僕が実際に面接したときに 『プログラミング言語』や『ツール』についてよく聞かれたからです。

たとえば、面接担当者から『PHPは使えるー?』とか『Githubはわかるー?』など言語やツールについて色々聞かれました。面接ではこういうことを聞かれて、たとえ分からなくても『わかります!ただ、まだ勉強中ではあります。。』ぐらいに答えておくと面接官からの印象が良いです。

んで、言語とツールの知識については、下記の本を見るて僕は勉強しました。この本を読んでおけば、面接の失敗率がグンと低くなります。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる